60歳の転職希望者のための入社手続きの確認事項について

入社の意思表示をしましょう

 内定通知は電話の場合もあるし郵送のときもあります。入社するかしないか?!は1時間でも早く採用側に知らせる必要があります。しかし他に受けている会社がある場合は、内定を「保留」できるかどうか?!会社に電話をかけて問い合わせてみます。

 しかし他の会社を受けているから保留したいと言うのは無礼です。

必要な書類を準備しましょう

 入社が決まれば出社日を決めて、提出書類を準備します。会社によって提出を求めてくる書類はいろいろ異なります。提出の締切を確認して必ずそれに間に合わせることがポイントです。

 内定してから入社日まで日数がある場合は、週に1回は会社に電話をして進捗を報告するようにします。

雇用契約書を自分でしっかり確認しましょう

 雇用主は労働条件(賃金、従事すべき業務、始業・終業時間など)を書面にて明示することが労働法によって定められています。面接で言われたとおりの条件になっているかどうか?!しっかり自分で確認をします。

 不明点は入社前に解消しましょう。中小零細企業の場合は書面で発行しない場合もありますので問い合わせましょう。



【関連記事】
円満退職までの5つのステップとは・・・?!
60歳の転職と入社チェックポイント
我慢?それとも再度転職?転職の失敗は、その次の思考や行動が重要です
入社後は大人の対応と心構えで自分の評価を上げておきましょう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

20140130side

count

ページ上部へ戻る