60歳の転職希望者にありがちな応募書類の悩みとは・・・?!

年齢が求人内容より高い

 求人票に記載されている年齢制限より高いのだけど応募してみたい・・・という60歳の転職希望者もいるかもしれません。

 ハローワーク求人でしたら、窓口で電話をかけてもらって、応募先企業に応募可能かどうか?!あらかじめ聞いてから応募書類を送るという手も使えます。転職者は年齢ではなく意欲で勝負するのですから年齢が高めでもどんどん応募してみましょう。

介護離職していた期間がある

 60歳の転職希望者になると、家族や配偶者のために介護で仕事を離れていた時期があり、キャリアに空白期間が出来ている人がいます。

 こうしたケースは正直に記載し、履歴書の特記欄にでも「介護のために離職したが今後は介護は手間がかからない」という点を書いておきましょう。

公的年金の受給まで年数が長い

 採用担当としては60歳以上の転職希望者を採用するに当たっては、何歳くらいから年金がもらえる人なのか?!聞いておきたいという気持ちはあります。

 年金受給の開始年齢は覚えておく必要がありますが応募書類に書く必要はありません。面接で聞かれたら正直に回答をした方がよいでしょう。



【参考記事】
60歳の履歴書 見られるポイントとは
60歳なら職務経歴書の作成はここがポイント!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

20140130side

count

ページ上部へ戻る