60歳の転職希望者ならやっておきたいこういう面接対策

2015.03.17

1件

「最初のあいさつ」で採用担当の気持ちをつかめ!

 自分から採用担当の目を見て名乗ります。そして元気に明るく挨拶をしましょう。採用担当がやってくるまで座っていた場合は、必ず立ち上がって挨拶をするようにします。

 「面接に来ました○○と申します。どうぞ宜しくお願いいたします」と言ってしっかりお辞儀します。

応募先企業に聞きたいことをあらかじめ3つは考えて

 採用担当は面接の終わりに「何か聞きたいことはありませんか?」という質問をしてくるので、仕事内容や会社について、質問したいことを3つは考えてくるとよいでしょう。

 しかし面接の場で、給与額や残業時間の有無、有給休暇の有無などを口にするのはタブーです。会社の前途洋洋たる未来を感じさせるような逆質問を考えましょう。

転職エージェントなら面接対策も完璧に!

 面接で落ち続ける60歳のビジネスパーソンはたくさんいます。自分のダメな箇所がなかなか分からないのがつらいです。

 転職エージェントなら担当キャリアコンサルタントが模擬面接をしてくれてビシバシアドバイスをくれます。本番前に耳が痛いことを言ってもらえれば自信になります。



【関連記事】
60歳の転職希望者が面接で求められるマナーとは・・・?!
60歳の転職希望者がやってしまいがちな失敗って?!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

20140130side

count

ページ上部へ戻る