60歳の転職と入社チェックポイント

採用担当者へ定期的に連絡をしよう

 入社まで間がある人の場合は、採用担当者へ定期的に連絡をする必要があります。入社するまでにやっておいた方がよいことを質問して、できるだけやっておくとよいでしょう。「自分がなぜ採用されたのか?!」聞いてみましょう。そうすれば会社に入って自分に期待されている役割がよく分かるはずです。

就業規則を読んでおこう

 転職先の就業規則もできれば読んでおきましょう。不明点があれば総務にでも電話して聞いておきましょう。

転職活動中お世話になった人たちへ直筆のお礼状を送ろう

 大ぜいの人のお世話になって転職に成功したのですから、高級紙で出来たはがきに直筆でお礼状を書いて挨拶代りに送ると気持ちが伝わります。

転職先の仕事の予備知識を仕込もう

 業界誌のバックナンバーを読んだり、仕事で必要になりそうなアプリケーションソフトをもう一度復習したりできることはたくさんあるはずです。

仕事で必要になる道具をそろえよう

 身だしなみやスーツ一式、カバン、靴もビジネスパーソンが仕事で必要になる道具です。第一印象はずっと付いて回りますから、スーツもよれていたら新調しましょう。



【関連記事】
円満退職までの5つのステップとは・・・?!
60歳の転職希望者のための入社手続きの確認事項について
我慢?それとも再度転職?転職の失敗は、その次の思考や行動が重要です
入社後は大人の対応と心構えで自分の評価を上げておきましょう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

20140130side

count

ページ上部へ戻る