アーカイブ:2015年 3月

60歳の転職と入社チェックポイント

採用担当者へ定期的に連絡をしよう  入社まで間がある人の場合は、採用担当者へ定期的に連絡をする必要があります。入社するまでにやっておいた方がよいことを質問して、できるだけやっておくとよいでしょう。

詳細を見る

60歳の転職希望者のための入社手続きの確認事項について

入社の意思表示をしましょう  内定通知は電話の場合もあるし郵送のときもあります。入社するかしないか?!は1時間でも早く採用側に知らせる必要があります。

詳細を見る

円満退職までの5つのステップとは・・・?!

上司へ相談しよう  転職先が決まったら直属の上司に相談します。単に「退職することに決めました」などと、一方的な言い方にならないように配慮しましょう。非常に冷たい印象を与え、円満退職をする上でもあまり効果的な伝え方とはなりません。

詳細を見る

60歳の転職希望者がやってしまいがちな失敗って?!

2015.03.17

1件

自分のことばかり長々と話す  60歳の転職希望者がやりがちなことに採用担当の話を遮るということがあります。空気を読まないで自分の過去の栄光について長々話すタイプの人が採用されることはまれです。

詳細を見る

60歳の転職希望者ならやっておきたいこういう面接対策

2015.03.17

1件

「最初のあいさつ」で採用担当の気持ちをつかめ!  自分から採用担当の目を見て名乗ります。そして元気に明るく挨拶をしましょう。採用担当がやってくるまで座っていた場合は、必ず立ち上がって挨拶をするようにします。

詳細を見る

60歳の転職希望者が面接で求められるマナーとは・・・?!

服装と持ち物をチェックしよう  きちんとした印象を与える清潔感のある格好を目指しましょう。黒スーツの上下が無難です。靴やバッグも手を抜かないように。それから面接当日は焦って時間が不足しがちです。

詳細を見る

60歳の転職希望者にありがちな応募書類の悩みとは・・・?!

年齢が求人内容より高い  求人票に記載されている年齢制限より高いのだけど応募してみたい・・・という60歳の転職希望者もいるかもしれません。

詳細を見る

60歳なら職務経歴書の作成はここがポイント!

60歳の転職の最重要書類って?!  60歳の転職希望者には豊富なマネジメント体験とこれまでにつみあげてきたキャリアがありますから、それをうまく採用担当に伝えることが職務経歴書の書き方のポイントになります。

詳細を見る

60歳の履歴書 見られるポイントとは

職歴と学歴欄について 学歴欄ですが高校から始まっているフォーマットの履歴書を使いましょう。60歳になると職歴欄が大きくなりがちですので、学歴が小学校からスタートしている一部の履歴書を使用すると長すぎる応募書類になりがちです。

詳細を見る

60歳でも利用できる?!転職エージェントとは・・・

60歳でも利用できるのでしょうか?  転職エージェントと聞くとホワイトカラーのエグゼグティブの転職を主に扱うサービスと思っておそれおののいてしまう60歳の転職希望者もいるかもしれません。

詳細を見る

最新コラム

20140130side

count

ページ上部へ戻る