転職にあまり良いイメージを持っていません。

転職にあまり良いイメージを持っていません。

 


まず、仕事というものは日本中に数え切れないほどあるといわれています。
その中から自分に見合った仕事を見つけ出すということは、至難の業ではないかと思います。

もちろん、自らが望んでいた仕事や職場にめぐり合うことができた人は中にはいますが、
そうではない人のほうが圧倒的に多いのです。
そのため、今勤めている仕事や職場よりもより良い職場を探すという行為はおかしな行為でも何でもありません。

むしろ、より自分自身の能力やスキルにあった仕事を見つけようとすることは勇気のいる行動であり、
そのような決断ができるということを誇りに思っても良いものです。

ただ、職場での一時的なトラブルやその時だけの感情で転職をしようと決断することは大きな間違いです。
転職をするという行動が悪くは無いとはいっても、後先を考えずに行動してしまっては意味が無いのです。

もしあなたが転職をしたいと考え、その考えが揺らぐことなく何日も続いたのであれば、
そのときに初めて転職をするための計画を立てていくべきでしょう。

もちろん、あらゆる保険や契約の関係ですぐにとはいかないでしょうし、
自分自身も前の仕事から次の仕事の間に生じる空白の期間を乗り切るだけのお金も必要となってきます。
そのため、決断をするまではじっくりと考え、決断をしてから転職をするまでは迅速に行動することが必要となるでしょう。

いずれにせよ、転職をするということは、なにも悪いことをしているわけではないのです。
例えば、あなたが新卒としてある会社に入ったとしましょう。
このとき、あなたの会社はわけも無くあなたを採用したのでしょうか?
そんなことはありません。あなたがその組織に入ることによって会社が成長していくだろうと感じたからです。

実は転職をするという行為はそれ以上のことが言えるのです。
あなたが違う組織に入り、外部で培ったあなたの能力やスキルを駆使することによって、
その組織をより成長させていくことができるのです。

そして、あなた自身もより良い環境で成長していくことができるのです。
そのため、転職をするということは悪いことではなく、
むしろあなたの人生にとって重要であり必要なことなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

20140130side

count

ページ上部へ戻る